読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日からやる。いつまでたっても始まらないダイエットを今から始める。そんなのできるわけ、、、

時の流れには逆らえず、同じような生活を繰り返してるだけで、ちょっとお腹が気になり始めました。ダイエットしなきゃー走らなきゃーと女子力高めな悩みを抱き始めてはや2年。走ってません。自分のことを形から入るタイプだとは思っていましたが、ウィンドブレーカーや運動靴を買うのに2年はかからないはず。形を整えるにもほどがあります。やる気の問題と言わざるを得ません。

 

やらなきゃいけないなーと思うことを後回しにする度、思い出すひとつの言葉があります。

 

高校を卒業しまだ地元で暮らしていた僕が友達と遊んでた時の話です。クラスのみんな今なにしてんだろうねーなんて話から、可愛いと崇められていた女のコに連絡し、そのまま一緒に遊ぶことになりました。(友達が)行きつけの、オシャレなパスタ屋さんでご飯を食べてる最中、そのコは僕の顔を見ながら「手をぬき過ぎ」と言ってくるのです。そこから、髪型、ファッション、仕事といろいろな角度からお説教がはじまりました。髪はめんどくさいし、服は白シャツ着てればいい説があって、仕事はまあまあいいじゃないっすかと、のらりくらりと回答していましたが、要所要所で繰り返される、手をぬき過ぎ、にはなんとなく思い当たる節があるだけに心に刺さるものがありました。

 

 

ウィンドブレーカーと運動靴とアイフォンを腕に固定して音楽が聞けるやつは揃えてしまいました。でも何もしてない僕はやはり形から入るタイプではなく、単純に手をぬくタイプなのです。これは困りました。これじゃいつまでたっても始まらないじゃないですか。

 

 

 

少々手荒なマネになりますが、仕方ないです。手をぬくとどうなるか、わからせるしかありません。心に傷を負わせましょう。

 

 

 

同級生ほとんど結婚しちゃったね。さっきの話の女のコも結婚しちゃったね。時間はみんなに平等に流れてるのに君だけ何にも変わんないね。なーんにも。子供がいる人もいるよね。子供と言えば自分が子供の時、お父さんは休みの日にいろんなとこに連れてってくれるけどお友達と遊びに行かなくていいのかなあ?とか思ったことがあるよね。それはそのぐらいの年の人はみんな結婚してみんな自分の家族がいてだんだんと時間が合わなくなっていくものなんだよ、みんな愛すべき人がいるから忙しいんだよ。そう仕事が終わって家に帰るとあったかい家族が待っているんだよ、みんなはね。君はどうだい?結婚どころか彼女すらできる気配がないじゃないか。今いくつになったの?なにもしないままで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤァァァーーーメェーーーーロォォォーーーーーーーーッ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

僕は鉄砲玉のように家を飛び出しました。そのままの勢いで走り続けます。息がすぐあがり、いくら空気を吸っても苦しい、でも関係ありませんでした。心臓が痛くなるまで走り、足を止めました。気が付くと川沿いの土手にいました。足がつりそうです。足が鉛のようだ。とよく例えられることがありますが、その通りだと思います。

 

 

心地よい疲労と、2年間ごしの大プロジェクトになってしまったジョギングをしたことで少しだけ気持ちが落ち着きました。そして僕は今、ラーメンのことを強く想いながらこの記事を書いています。(23:55)